道具にこだわり出したら一人前

ウキフカセ釣りに使う磯竿(フカセ竿、上物竿)には本当にたくさんの号数がありますよね^^;

 

こんなにも種類が豊富だと、初めて釣竿を買う初心者の方の中には「1号、2号、3号ってなに?」

 

「違いは?」「選び方は?」「そもそも竿に書いてある見方がわからない」「おすすめってあるの?」

 

など等・・・こんな疑問も当然出てきますよね。

 

詳しい人に聞くのも手っ取り早いしいいと思いますが、自分で自ら選んだ竿で、しかも大物を獲る事ができたら、喜びも倍増しますし、何よりも自分で選んだ竿に愛着さえも沸くようになります^^

 

「この竿で45cmを獲った!」「50cmを獲った!」とか。

 

実際私はそうでした^^

「道具にこだわり出したら一人前」とよく聞くように、自分で道具を選択する能力は今後の釣果に影響する為、非常に重要だと私は思います。

 

そこで、この記事では

  • 磯竿(フカセ竿・上物竿)の号数は何を意味しているのか
  • 選択すべき磯竿の号数

を詳しく解説したいと思います。

 

ぜひ、参考にしてみて下さいね^^

 

号数の意味や違い

 

磯竿(フカセ竿)には0号~5号まであり、中には1.25号や1.75号と小数点以下にまで細分化された物もあります。

 

一般的に竿の号数は使用できる、一番細いハリスの号数を表しています。

 

下の図を見てもらうと分かりやすいと思います。

 

ダイワの2017年モデル「波濤」のスペック表です。

「アイテム」欄の号数(1や1.25、1.5と書かれている部分)と「適合ハリス」欄の最小ハリス号数が一致してますね。

 

ハリスの号数が増すと太くなり、対応できる負荷も増えるのと一緒で、磯竿も1号、2号、3号と数字が大きくなるほど竿のパワーが増す事になります。

タックルバランスが重要

そこで「なぜハリスの太さで号数を選ぶ必要があるの?」「最初からパワーのある竿を使えばいいんじゃないの?」などと疑問を持つ方もいるでしょう。

 

釣りをしていると魚を喰わす為にハリスや道糸を太くしたり、細くしたりする場面が必ずと言っていいほど出てきます。

 

そこで重要になってくるのがタックルバランスです。

 

例えば・・・

 

3号竿に道糸3号、ハリス1.5号を使用して尾長グレの45cmオーバーを掛けたとします。

 

3号竿なので余裕で獲れるサイズですが、ハリス切れが多発してしまう可能性が非常に高いです。

 

それはなぜか・・・

 

竿が仕事出来ないからです!

 

竿の仕事は曲がる事ですよね^^

竿は曲がる事でクッションの役割を果たし、糸やハリへの負担を軽減させます。

 

竿の号数よりも小さいハリスを使うと、ハリスに掛かる負担を軽減させる前に、竿が曲りきらず(竿の性能が活かせず)ハリスが切れやすくなってしまうのです。

 

それを避ける為に釣竿には多くの号数が用意されているのです。

 

上記の場合ですとハリス1.5号を使っているので、竿も1.5号にした方がタックルバランスが良いということになります。

 

柔軟に竿が曲がるので、ハリスへの負担を和らげてくれるんです。

 

魚が行って欲しくない方向に泳いだとしても、糸を出さずに竿を思いっきり曲げて溜める事も可能になるのです。

 

竿の方が強いとこれが出来ません…

 

やたらと糸を出す事になり(曲げすぎると切れる為)、根に入られたり根ズレで切れる事が多くなります。

 

例えば、極端な例ですが、逆に竿が1号で道糸3号以上、ハリスにも3号以上を使用した場合に予想外の大物が掛かったとします。

 

竿は思いっきり曲げる事が出来ますが、ヘタすると折れてしまいます。

 

糸の方が強く、竿が負けてしまうからです^^;

 

いずれにしろ、竿もタックルバランスを考えて使用する事で魚を釣り上げられる確率が上がるという事です^^

 

竿によってそれぞれ得意とするハリスの太さがあると思って頂ければいいと思います^^

こちらの記事で紹介している動画で、プロの竿の使い方を見ておくといいと思います^^

必ず役に立つ日が来ますので^^

優良フカセ釣り・磯釣り動画を紹介!観ればスキルアップ確実です!

竿に表記されている号数の見方

これは一度覚えてしまえば簡単です^^

 

上記の「波濤」スペック表の「アイテム」欄の表記がそのまま竿に記載されている事が多いです。

 

ダイワ「大島」の写真です。

この竿の場合「1.25-53」と表記されている部分の「1.25」の部分が竿の号数になります。

 

「53」は竿の長さが「5m30cm」という意味です。

 

ほとんどの竿はこのように表記されている事が多いですよ^^

磯竿(フカセ竿)のおすすめの号数

これは狙う対象魚のサイズ、釣り場の環境(根が多いなど)、自分の好み等によって変わる為、本来は全ての号数を持っていた方がいいのは言うまでもありません。

 

ですがよっぽどお金に余裕のある人以外は無理ですよね…

 

なので、対象魚のサイズよって使用する道糸やハリスの号数を決めてから、あるいは自分が一番多く使用する一番細い糸の号数から選ぶといいと思います。

 

防波堤や地磯での釣りがメイン人におすすめの号数

防波堤や地磯での釣りがメインの人におすすめの号数は1号~1.2号辺りがおすすめです^^

 

理由としては4つあります^^

  • 口太グレの40cm前後まで対応可能であること
  • チヌ狙いでも年無しクラス(60cmオーバー)にも対応可能で、チヌの引きも楽しめる号数であること
  • 防波堤や地磯で使用する仕掛けは軽め(ハリスも細め)である場合も多いため
  • 1号~1.25号辺りは軽いので初心者でも扱いやす重さであること

等です^^

 

「普段はチヌ狙いだけど、グレにも対応出来る竿がいい!」と考えているなら、1号~1.2号がもっとも使いやすいと思います^^

 

また、チヌの引きを楽しめて、グレの引きにも対応できる竿ならダイワ メガディス AGS 1.25号-53】か【ダイワ メガディス AGS 1.25号-52 SMTがおすすめですよ^^ (※SMT=スーパーメタルトップ)

 

メガディス AGSは、ダイワの磯竿で最高峰の【ダイワ トーナメント ISO AGS 1号-53】の設計(曲がり方や素材)を参考に作られているので、曲がり方も非常に似ています。

もし尾長グレも喰ってくるような場所であれば1.5号はあった方がいいと思います。

 

ご存知かと思いますが、尾長グレはハリを飲まれると太いハリスでも簡単に切れてしまいますよね…^^;

 

なのでパワーのある竿の方が【合わせ】がわずかに早いので有利と感じますね^^

 

引きも強いですし対応できる号数で挑みたいところです^^;

 

しかも夏の尾長グレは美味いですしね^^

 

また、沖磯に行く予定なら、大型の口太グレや尾長グレも喰ってくる可能性もあるので、最低でも1.5号クラスを持って行く事をおすすめします^^

 

ちなみに私は1.75号を好んで使っています^^

 

沖磯に行く事が多い為、不意の大物や青物、真鯛にも対応できる様に備えています。

 

まだ磯竿を購入されていない方はこちらの記事も参考になると思いますよ^^

ダイワ磯竿2017『波濤』徹底レビュー!この性能で2万円前半はスゴイ!

リバティクラブ磯風の評価は高かった!入門ロッド徹底レビュー!

 

参考になる動画も載せておきます^^

 

商品プロモーションですが、実績のある高橋哲也氏の説明なので説得力がありますよ。

いかがでしたでしょうか?

 

この記事がみなさんの役に立てたらうれしいです!

もっとフカセ釣り、磯釣り動画が観たい!って方はこちらの記事で優良動画を紹介していますよ^^

優良フカセ釣り・磯釣り動画を紹介!観ればスキルアップ確実です!

最後までお読み頂きありがとうございました^^

この記事を読んでいる人はこちらの記事も読まれています^^

フカセ釣りに使う磯竿~調子は竿の性格です!

ダイワ磯竿2017『波濤』徹底レビュー!この性能で2万円前半はスゴイ!