フカセ釣り始めようと思ってみはいいけど、ウキがたくさん売られていて何を選んだらいいか迷う人も少なくないと思います^^;

 

初めてウキフカセ釣りを始めるなら、サイズは【M】で、号数は【0号】【G5 or G2】【B】の3つを用意しておけば大丈夫ですよ^^

 

この記事ではその理由も含めて、くわしくウキ選びについて紹介しています。

 

良かったら参考にしてみて下さいね^^

 

※この記事は初心者必読!フカセ釣りの仕掛けは8つのパーツを揃えるだけ!から、ウキの部分を抜粋・追記した記事になります。

ウキだけじゃなく、仕掛けのパーツ全般を詳しく知りたい方は上の記事も併せて読んでみて下さいね^^

最初のウキ選び~円錐ウキを使いこなそう!

ウキフカセ釣りで使われるウキは上の画像のような『円錐ウキ』または『ドングリウキ』と呼ばれるウキが一般的です。

 

防波堤や波風が無い場所では棒ウキの方が使いやすい場合もありますが、オールラウンダーの円錐ウキで慣れておくことを強くおすすめします!

 

というのも、私自身、最初に棒ウキに慣れてしまうと、円錐ウキを使った時にかなり違和感を感じたからです…

 

今では磯で釣りをする事がほとんどの私ですが、最初は防波堤で釣りをしていたので棒ウキを使ってたんですよね。

 

ほとんど棒ウキしか使った事がない状態で磯で釣りをする事になったんです。

 

磯では円錐ウキを使うとの事だったので、いくつか買って仕掛けを作り、いざ釣り開始!

 

「ん?・・・おっ!アタリ!?

 

海面でウキが沈んだり、浮いてきたりを繰り返してます。

 

「ん?・・・」

「・・・・・・アタリがわからーーーん!!」

 

となりました…。

 

その日は波も大きく、海面が激しく上下してたんです。

 

棒ウキだと、波があっても海面から出ている部分が長いので、ウキのトップまで沈まない事が多いです。

 

なので、波があってもアタリの判別がしやすかったんですよね。

 

でも円錐ウキは、棒の部分が無いので波があるとウキが沈んでしまうんですよね。

 

※参考※

波の影響で円錐ウキが上下するのは、きちんと浮力調整がされている証拠です。

逆に円錐ウキが海中に入らず海面で上下しているとサシエサ(ハリの付いたエサ)も上下して踊ります。←コレだとヒットしませんので注意して下さいね^^)

なので最初はアタリが取りづらいかもしれませんが、始めから円錐ウキを使う事をおすすめします^^

 

そしていつかは是非、磯釣りにもチャレンジしてもらいたいです!

 

防波堤でしか釣りしない!って方は棒ウキでも全然いいと思いますよ^^

 

防波堤や港は波も穏やかなことが多いですからね^^

フカセ釣りで円錐ウキが使われる理由

磯での話ですが、グレ(メジナ)狙いでは、軽い仕掛けを使う場面も多くなります。

 

邪魔な波や風も毎回弱いとは限りません。

 

そんなとき、円錐ウキの方が波風に強いんです。

 

このような理由から、できれば棒ウキも円錐ウキも両方使えるようになった方がいいですよね^^

 

 

円錐ウキは上の画像のように形も様々ですが、最初は下の画像のような上が膨れているタイプが使いやすいです^^

一番スタンダードな形ですので、安いウキも多くあります。

 

価格は数百円~数千円とかなり幅があります。

 

釣具屋の磯コーナーなどに無造作に置かれている100円~500円のウキでもいいですが、ウキに表示されている浮力設定がかなりアバウトなのでおすすめは出来ないですね…^^;

 

そういう激安ウキは予備としていくつか持っておくといいかもしれません^^;

 

私の経験上、安くて浮力設定もきちんとしているウキは釣具メーカーの最低でも800円以上の物ですね。

 

なので最初はダイワ、シマノ、キザクラ、釣研、DUEL、アウラ、辺りのメーカー品を選ぶと、価格もリーズナブルなのでおすすめです^^

 

ウキのサイズは釣りを展開する距離が遠くなるにつれてS、M、Lとサイズアップさせていくのが基本です。

 

ですが、最初の頃はそんなに遠くにウキを流す事は無いと思うのでオールラウンダーのMサイズがおすすめです^^

 

Mサイズであれば、遠投してみたくなった場合でもある程度の距離まで投げられますし、大き過ぎないので近距離での使用も問題ありませんので^^

 

浮力は上の『浮力表示と使用状況』の図を参照頂きたいのですが、とりあえずは深く考えずに0号・G5 or G2・Bの3つを用意するといいと思います。

 

あと釣れない時に一気に深ダナ(竿1本分)を攻めると釣れる時があるので、最終兵器として1号のウキを持っているといい事があるかもしれないですよ^^

 

平和卓也さんがプロデュースしているウキDUEL TG ウェーブマスター Mはバランスと価格面でも高性能ですよ^^

 

サイズもS、M、ML、Lの4種類、浮力設定も0、G2、B、2B、3B、1号(Lサイズのみ)の6種類あるので、状況によって選べます^^(※)一番使い勝手がいいのはMサイズです。


DUEL TG ウェーブマスター M

 

詳しい商品説明を見たい方はこちらを見るといいですよ^^→DUELスペシャルサイト

(※)ウキフカセ釣りのウキ選びは本当に奥が深いです^^;

ですが、ウキ選びのスキルを磨くと必ず釣果はアップします!

もしフカセ釣りが楽しかったらこの記事も参考にしてみてくださいね^^

優良フカセ釣り・磯釣り動画を紹介!観ればスキルアップ確実です!

フカセ釣り(磯釣り)で使うウキの選び方!意外と知られていない5つのポイントとは!?

釣果が安定しない方必見!どこでも通用するフカセ釣りのウキ選びテクニック!